フェイの問題 Edit

階層1〜50階
上り・下り上り
出現条件天輪国上級クリア
出現ベース-
行き方八神楽の森の左上の
風来救助隊に入り
助ちゃんに話しかける
クリア特典-
持込不可
仲間連込不可
救助不可

アスカ見参のWin版では「フェイの問題作成キット」を使用して、ムラドの試練のようなパズルダンジョンを自作することができる。
基本的なルールはムラドの試練と同じ。フェイの問題独自の仕様は通常のダンジョンとの違いを参照。

アイテム、モンスター、階段、罠などの初期位置を全て自分で設定可能であり、問題作成の操作は簡単。
アスカの初期LVや最大HPも設定可能であり、最大HP1で乗り切る問題、LV99で敵と戦う問題まで作れる。

問題が1〜50問セットで一つのファイルとして存在する、というPCならではのシステムになっておりコピーや配布も容易。
アップローダーやファンサイトでは作られた問題が配布されており、DLすることで他人の問題を楽しむことが可能である。

Table of Contents

「フェイの問題作成キット」インストール方法 Edit

  1. フェイの問題作成キット」をダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイル(AsukafeiSetup_e.exe)を実行してください。自動解凍ファイルになっていますので、実行時に解凍先を指定してください。
  3. アスカを含む全てのアプリケーションを終了させ、解凍されたプログラムファイル(AsukafeiSetup.exe)を実行してください。インストールが始まります。
    この時、必ずアスカのゲーム本体がインストールされているフォルダ(初期設定ではAsukaPC)の中にインストールをしてください。
    「AsukaPC」フォルダの下に「fei」というフォルダが作られるようにしてください。
    初期設定C:¥Program Files¥CHUNSOFT¥AsukaPC¥fei
  4. インストール完了後、アスカのCD-ROMをCD-ROMドライブに挿入し、インストール先の「AsukaFeiEdit.exe」というファイルを実行すると起動します。
    Windowsのスタートメニューから、
    プログラム→Chunsoft→女剣士アスカ見参!フェイの問題作成キット→フェイの問題作成キット
    と選択しても実行できます。

問題の作成方法 Edit

フェイの問題作成キットを別途インストールし、インストールフォルダ内にあるAsukaFeiEdit.exeを起動する。後は同梱のヘルプを参照。

※フェイの問題の詳しい作成方法については、「フェイの問題作成キット」のメニューバーの「ヘルプ」をご参照ください。

問題のプレイ方法 Edit

問題ファイルである*.fei2ファイルをフェイの問題作成キットのインストールフォルダ内にあるQdatフォルダの中に移動させる。
その後アスカ見参を起動し、八神楽の森の左上の木の中にいる助ちゃん(中央の席の老人)に話しかければよい。

※八神楽の森に行くためには天輪国上級をクリアする必要がある。まずは頑張ってシナリオをクリアしよう。
「フェイの問題作成キット」で作成したパズルダンジョンをプレイするためには、ゲームを「1.7.0.0」以上にバージョンアップする必要があります。

  1. フェイの問題のファイル(拡張子が.fei2のファイル)はフェイの問題作成キットのインストール先の「Qdat」フォルダに入れてください。
    初期設定 C:¥Program Files¥CHUNSOFT¥AsukaPC¥fei¥Qdat
    になります。
  2. 八神楽の森にある「風来救助隊」に入り、助ちゃんに話しかけます。メニューが出るので「フェイの問題」を選択し、遊びたいフェイの問題を選んでください。

肝心の問題は何所? Edit

また、feiSample.fei2というファイル名のサンプル問題10問が最初から同伴されている。
ちなみにこのファイルは、『風来のシレン 月影村の怪物』の公式フェイの問題のパロディが多い(特に1〜5問目)。

問題作成における注意点 Edit

当たり前だが、解けるように作る。自分でテストプレイは必須。
1問目をクリアしないと2問目以降をプレイできない仕様なので、簡単な問題ほど前の方に作っておくのが望ましい。

解法は基本的に自由なので、問題製作者の意図しない方法によってクリアされてしまうことが多々発生する。
問題を作る際は、いかに別解をつぶすかが非常に重要。自分の意図しない解法ではなるべく解けないようにするべし。
あらゆる可能性を考え、試し、可能な限り別解をつぶすこと。しかし、それも自分だけでは限度がある。
友人など、自分以外の人間にテストプレイしてもらうと精度が上がるだろう。

解くのに必要と見せかけて実は使う必要がない、いわゆるダミーのアイテムやワナを置くのも面白い。
ただし、余計な別解を生み出す元凶にも十分なりえる。テストプレイはくれぐれも入念に。

問題解答の為のテクニック Edit

基本的にはムラドの試練と同様。
だが公式とは違い、セオリーの裏をかいた問題もあるかもしれない(車輪のやいばを投げずに装備する、など)。
とにかく置かれた状況を把握し、本編で得た知識・テクニックと自らの知恵を総動員して突破しよう。

豆知識 Edit

  • 初期配置できるモンスターは25体まで
  • 設置できないモンスター、アイテムがある(ボス系モンスター、店主、秘技書、白紙の巻物、持ち帰りの巻物など)
    通常設置できない要素も設置できるようにするツールはあるが、非公式ソフトなので使用は自己責任で
  • 最初からあかりの巻物使用後状態であり、視界不明瞭にすることはできない。エーテルデビル系は常に見える
  • アスカや階段を設置していない問題があると、エラーが出てプレイできない
  • 壁の中にモンスター・アイテム・罠を置くと警告が出るが、プレイ自体は可能(壁抜けできるモンスターならエラーは出ない)
  • 水中にモンスター・アイテム・罠を置くと警告が出るが、プレイ自体は可能(水中に入れるモンスターならエラーは出ない)
    水中の罠はパコレプキンの腕輪を装備したアスカなら踏むし、ワナ師状態なら水中を移動するモンスターが踏む
  • 召喚スイッチ、けものみちの杖から出るモンスターはその問題に初期配置されたモンスターからランダムで選ばれる
    モンスターを誰も配置しなかった場合、マムルが出る
  • シューベル系も同様に、初期配置したモンスターの種族を召喚する。また盗賊番を配置していた場合、
    メンベルスが「七天京の警備兵」、ベルトーベンが「八神楽の門番」という色違いキャラクターを召喚する事がある
  • カラス天狗系が化けるモンスターも初期配置から選ばれる。ただし、25体目に配置したカラス天狗系は化けずに出現する
  • ワナの巻物やワナの罠では、初期配置に関係なく全ての罠からランダムで出現する。また、これらで増えた罠は最初は見えない
  • 0ギタンで困った時の巻物を読むと10000ギタンを取得できる
  • シナリオクリア後なのに、フェイの問題のかけだし忍者系は目が赤いまま出現する
  • フェイの問題内で読んだ巻物は、ゲーム本編ダンジョンでも白紙の巻物で使用可能になる(ねだやしの巻物なら敵に投げてもOK)
  • プレイ中は、「その他」メニューから「みわたす」が可能。シレン4・5と異なり、フロア全域を見渡せる
  • BGMは旧作でいうネブリ山廃坑。モンスターハウスの巻物を読むとモンスターハウスのBGMに変化する

特殊な仕様 Edit

フェイの問題でしか使えないようなバグではないレアな仕様。

  • パコレプキンの腕輪や高とび草でワープする際、階段や水たまりの上もワープ先の候補に入らない。
    フロア全てがワープできない場合、ワープのモーションは起きるが(その場所が水上や壁の中でも)同じ場所に着地する。
  • 何らかの理由で壁の中や水上に居られるアイテムや効果なしに壁の中や水上に居る場合、そのままだとワープしないが、矢を含む任意の装備品の着脱を行うとワープする。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-08 (土) 23:10:54